人気ブログランキング |

たまにはブログもいいもんだ

goi51.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 25日

三浦さんに乾杯!

三浦雄一郎さんがとうとうエベレスト登頂を果たしました。80歳でなお過酷な訓練を重ね、自分の夢を実現させたことに感動した人は多いと思います。三浦さんは「出来ない理由を探すことより出来る理由を見つける」ことを座右の銘としているそうです。(実はこの言葉をある人から頂き、事務所のデスクの棚に掲げています。)日常的に生死の境をうろつく冒険家には、思いがけないアクシデントに対して常にどうやったら逃れられるのかと思考することが身を守ることのつながるのでしょう。

私は冒険家ではありませんが、想定していないことが起きることも度々です。そのような時にはつい出来ないことの理由付けをしてしまい、自分自身で納得してしまうのですが、三浦さんのニュースを聞いて、やはり「どうやったら出来るのか?」というポジティブな発想が自分自身を防御する一番の手段になると改めて思いました。

日本人に大きな夢と勇気を与えてくれた三浦さんに乾杯です!

by goi-51 | 2013-05-25 11:34
2013年 05月 23日

生物の多様性

東山の蓮昌寺に棲息するモリアオガルのことで先日石川県立大学の上田先生にお会いする機会がありました。蓮昌寺の裏山に面した庭には自然に出来たような池があり、そこには天然記念物であるモリアオガエルが棲息しているのですが、一部庭の湿気を取り除きたいという施主の思いで集水パイプを敷設することが生態系の上で影響を及ぼすかどうかという相談です。結果的には問題なさそうだということでしたが、その話しの中で生物の多様性についての先生の考え方に共感しました。人間は生物の生存について例えば絶滅しそうな生物を保護する行動を取っていますが、それはその種のためにやっていることのように思われますが、実は人類が生存していく上で必要なことで人間のためにやっていることだということでした。上から目線で何か絶滅しそうな種を保存しましょうということではなく、人類が生存していくために多様な生物の生存が必要だと言うことです。

それは人間社会そのものについても言えるような気がします。例えば障害者といわれる方々を補助することは、実は彼らのためではなく、健常者といわれる人たちのためなのだと言うことです。また、会社という小さな社会でもそうなのです。いろいろな人がいて初めて人間は広い視野を持つことが出来ると思います。単一的な社会は効率が良くても極めていびつな世界を創る気がします。

多様な人間の集合体―そんな会社を目指したいと思います。

by goi-51 | 2013-05-23 13:01